アイデアや思ったこと


by naru_minehara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

メイド養成学校+ボーイ養成学校

家族、家庭というシステムが機能していない現代の現実の日本。

現実に生きる人たちにとってサポート的なものが実際ないという問題。

一人暮らしをする独身の男と女。

老後を寂しく過ごす、老男女。

いずれも一般的と思われる人のライフスタイルは確実に、孤独化している。

市民サービスの充実を言われているが、どこが偽善的、もしくは、ボランティア気質のある人が

現実に見てとれる姿だと思う。

そこで金を介在して、正しくは、お金を稼ぐことによって自律したサービスとして、

多くの人のサポートができないか、という考えが浮かぶ。

誰かに奉仕する。

ひとつの仕事として、そういうものが確立していく時代だと思うし、結局、時代に合ったシステムは

ある程度必要なんだと思う。

高度成長時代に必要だった、核家族も。(まあ、あれだって万能とは言えないシステムだったわけなんだけど)

21世紀。

以前の日本は確実になくなり、新しいというよりは、奇妙でそれでいて、どこか豊かな時代になると思う。

寂しいままの日本なんて、未来がないものね。

どこか、みんなで諦めきれない意識があるはず。
[PR]
by naru_minehara | 2005-03-20 19:56 | It considered.