アイデアや思ったこと


by naru_minehara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

優しい晴れはなく、優しい雨はフル。

スーパーカーの曲を聴いていて、確かに、優しい雨ってしっくりくるけれど、
優しい晴れはないようなぁ、なんて思った。

優しい雨。

どんな雨?

しとしとと振る雨か。

言葉としては綺麗なのだけれど、しとしと振る雨が優しいと感じられるのは、

その優しい雨に打たれる対象を見たときだと思う。

ときに、植物だったり、生き物だったり。

でも、基本的に動物は雨を避ける。

しかし、植物は憂いの姿を見せる。

心を落ち着かせるには雨はもってこいの現象だ。

乾いた土は潤いを取り戻す。

じゃあ、人は?

雨に濡れて潤う?

いや、そうでもないな。

大抵の人は、雨を拒絶するように敬遠する。

それはなぜ?

雨に持つイメージもそうだけれど、

結局、視点なんじゃないかと思う。

雨が降ると濡れるとか、デメリットな面しか見なければ、嫌な気持ちの方が強くなる。

しかし、雨が降って、でも、なんだか、雨もいいね! って思えるような現象に出会えれば、

おそらく雨の日も”なんかいいじゃん、今日”って感じになるのだろう。
[PR]
by naru_minehara | 2006-05-18 11:51 | It considered.