アイデアや思ったこと


by naru_minehara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とんきちくん

春樹の過去の短編小説を読み返してみた。

やっぱりこの作品は最後にぐっとくる。

心に熱いものが込みあがってくる感じ。

孤独な淳平の姿がたまらなく、切なくて、でも、現実はそれくらい辛くて。

見失いそうになる現実の中で自分をきちんと保っていくことが難しいと感じるのは、なぜだろう?

それくらい、悲惨な世界の裏返しでもあるかもしれない。

それでも、必ず美しいものはあるわけで。

簡単に諦めることなんか、できるわけもなく。

下田さんのような笑顔で絵を描き続けていく姿を追いたい。
[PR]
by naru_minehara | 2006-03-22 09:54 | It considered.