アイデアや思ったこと


by naru_minehara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

グレゴリオ歴

13の月の暦

2月24日土曜日
ウサギの月/水晶の月

12月 ウサギの月/水晶の月
  (5/30~6/26)


キーワードは、「協力を捧げ」(協調関係をあらゆる活動の最優先事項にして)、「普遍化する」


12月は、〈水晶のウサギ〉と呼ばれる月です。
この月は、11月であなた自身やあなたの物事に対するこだわりを解放した後に、はじめて自覚される力の機能をもっています。言い換えれば、自分の気持ちを切り換えて、心底から他者に尽くす時期であると言えるでしょう。
したがって、人と人との共感にもとづいて協力して作業を行なう時期です。自分を取り巻く人間関係や自然環境に対して献身的になること。他人と自分との共存のために、集団活動の目標やプロセスをひとつの共通の形にして、長もちするものに結晶化させ、まとめ上げることが大切になります。

11月までに、自分がこれまでやってきたことに対する思いが、解放されていればいるほど、あなたは自分のことをかえりみず、他者に関わることができます。そうすれば、だれに対しても積極的に関わる余地が生まれ、ほんとうの意味で行動範囲を広げることになるでしょう。

キーワードは、「協力を捧げ」(協調関係をあらゆる活動の最優先事項にして)、「普遍化する」ことです。




ツォルキン

KIN 140:黄色い惑星の太陽

◆「ツォルキン」(260日暦)について


<ツォルキン>と呼ばれる260日の暦は、神聖暦とも呼ばれ、過去、おもにマヤの神官たちのあいだでの神事やそれにともなう儀式などに使われていた暦です。
こちらの暦は、心の問題、精神的な側面に役立てることができます。
 この260日暦=神聖暦は、13の数字(「銀河の音程」と呼ばれ、1=●、5=━ を使って表わす)と20の「太陽の紋章」の組み合わせでできており、太陽や月だけでなく、太陽系のほかの天体周期を組み込んだ大きな<自然律>ともいうべき宇宙の法則性そのものなのです。マヤ暦の真髄は、このツォルキンにあるといっても過言ではありません。

 私たちは、自分の心の問題、精神的な側面をこちらの暦にもとづいてアレンジしたり、整理したりすることができます。たとえば、この暦をもとに夢日記をつけてみるなどということも興味ある結果を引き出すことができるでしょう。(少なくとも、現時点では、夢は三次元と呼ばれる私たちの現実にくらべて、シンクロニシティの宝庫であると言えます。夢では予想外のできごとがどんどん起こるでしょう? それにもかかわらず、夢のできごとは、それなりの必然性があるのです。)

"銀河の音程"のキーワード 銀河の音程 創造的な力の機能 行為
音程1 磁気の 目的を統一する 引きつける
音程2 月の 挑戦を極性化する 安定せる
音程3 電気の 奉仕を活性化する つなぎとめる
音程4 自己存在の 形を定義する 計測する
音程5 倍音の 輝きを授ける 指揮する
音程6 律動の 同等を組織する つりあわせる
音程7 共振の 調律をチャネルする 呼び起こす
音程8 銀河の 無欠性を調和させる 型どる
音程9 太陽の 意図を脈動させる 悟る
音程10 惑星の 現われを仕上げる 生み出す
音程11 スペクトルの 解放を溶かす 解き放つ
音程12 水晶の 協力を捧げる 普編化する
音程13 宇宙の 存在を持ちこたえる 越える



"太陽の紋章"のキーワード コード
番号 太陽の紋章 シンボル 力 行為

1 赤い竜 存在 誕生 育む 入力
2 白い風 呼吸 精神 伝える
3 青い夜 直観 豊かさ 夢見る
4 黄色い種 認識 開花 目指す
5 赤い蛇 本能 生命力 生き残らせる 保存
6 白い世界の橋渡し 機会 死 同等化する
7 青い手 癒し 達成 知る
8 黄色い星 芸術 気品 美しくする
9 赤い月 流れ 宇宙の水 浄化する 処理
10 白い犬 忠誠 心(ハート) 愛する
11 青い猿 幻想 魔術 遊ぶ
12 黄色い人 知恵 自由意思 感化する
13 赤い空歩く者 目覚め 空間 探る 出力
14 白い魔法使い 受容性 永遠 魅惑する
15 青い鷲 心(マインド) 見通し 創り出す
16 黄色い戦士 大胆 知性 問う
17 赤い地球 共時性 蛇取り 発展させる 母体
18 白い鏡 秩序 果てしなさ 映し出す
19 青い嵐 エネルギー 自己発生 触媒する
20/0 黄色い太陽 生命 宇宙の火 照らす(啓示する)
[PR]
by naru_minehara | 2005-07-24 17:06 | Web Link